江川広子 教授

明倫短期大学
歯科衛生士学科

専門分野

資格など

歯科衛生士を目指したきかっけ

実は、就職先が銀行で決まっていたのです。
たまたま、お向かいが歯医者さんでして、歯科技工士と歯科衛生士の職業を紹介されました。具体的な仕事内容が分かりませんでしたので、当時の歯友会歯科技術専門学校に見学へ行き、急遽入学が決まったので銀行の採用をキャンセルしました。いまごろひょっとしたら銀行員のだれかいい人と...(笑)
入学後に歯科衛生士さんの職業を詳しく知りましたが、今思えば本当に素晴らしい職業に私は就いたと思っています。
私が学生の頃の病院実習は、新潟大学と歯友会附属歯科診療所(現明倫短期大学附属歯科診療所)の2つしかなかったんですよね。
そこでの実習中に患者さんからお礼を言われ、「え、私ってそんなにいいことをしてるの?」と思っていましたが、「口の中がきれいになったよ」と言われたて初めてお礼の言葉の意味を納得するとともに歯科衛生士の“やりがい”を感じました。


 

明倫短期大学の自慢

当時の歯科衛生士養成校は「医療」「保健」を学ぶ学校でした。そこへ新たに「福祉」「介護」という学びを文部科学省から許可を頂き「明倫短期大学」が初めてどこの養成校よりも先駆けてスタートしたことが特徴の一つです。全国の歯 科衛生士養成校も明倫短期大学というと『福祉』『介護』と言ってくださいますし、一方でイコール『江川』と言ってもくださいます。
福祉については、高齢者が多くなっていますので、なおのこと歯科衛生士教育の中では必要ですし、望みたい学生も増えてきましたね。卒業してから初めは歯科衛生士として歯医者さんに勤めますが、その後に福祉の世界を希望してケアマネージャーの資格を取得される方も大勢いらっしゃいます。
明倫短期大学歯科衛生士学科では「医療」「保健」「福祉」「介護」が学べることが自慢ですね。

歯科衛生士教育ポリシー

専門学校で教えていた時は、卒業後、専門的知識を持ち即戦力として働くために身につけて欲しい内容を盛りだくさんに指導し、学生に強い口調で接していました。
明倫短期大学になって全国から集まった偉い教授陣の先生方から、学生を怒ってばかりじゃダメだよとお叱りを受けたことがあります。「学生の良い面を見て褒めてあげないと育たないんだよ」と初めて指摘され、そこから注意した後は必ず褒める教育に心がけております。
歯科医院に就職した明倫卒業生は、専門学校時代の先輩達に『江川先生どう?怖いでしょ?』と聞かれるそうです。「私は気持ちを入れ替えたの」と山本五十六さんのように褒め称えて育てる方針を伝えることもありましたね(笑)

歯科衛生士に必要なこととして、思いやりをもって優しく親切丁寧に患者さんと向き合うことが大切だと常日頃思っています。
優しさや思いやりという部分を理解できるようになれば、病院実習に行った時に、あるいは将来働いたとき、誰に対しても実践で活かされてきます。
私自身も歯科衛生士の業務に携わっている時は、緊張している患者さんをいかにしてリラックスしてもらえるかをよく考えます。話の中で患者さんの気持ちに寄り添い、話をしてもらえるような雰囲気をつくったりと。話すことが苦手な学生には、先ず自分のことから話して緊張を和らげるようアドバイスするなど、人に対する思いやりや優しさを第一に、学生一人ひとりの状態を理解しながら教育に携わっています。

歯科衛生士について

歯科衛生士の仕事は、私たちが日ごろ言われている歯・口の健康を守る役目、それは「健康で長生きする」ことに繋がるための一生にわたって患者さんに寄り添っていく、やりがいのある仕事であると思います。3年間、専門性の高い知識・技術を修得した後に、国家資格の取得によって、一枚の紙きれかもしれないけれど一生の宝物として、ずっと継続して働くことができます。実際に82歳まで現役で働いた大先輩がいらっしゃいます。やっぱり働くことが自分の生きる力でもあるし、いろいろな経験を話せることができるので、私も長くこの業界で働きたいと思っています。
頑張って国家資格を取得した以上は、是非皆さんも継続して頑張ってほしいです。優しい気持ち、思いやりの気持ちが一番だと私は思います。